Facebookの出会い機能「Facebook Dating(デート)」の仕組みや使い方

マッチングアプリ

世界最大のSNSである「Facebook」は、真剣な出会いに特化したデート機能

Facebook Dating(デート)

を開発し、世界中で順番にリリースしています。

日本でのリリースがいつからなのかは未発表ですが、日本公開をまえにFacebook Datingの

  • 概要や仕組み

  • 出会いに関する機能の使い方

などを解説します。

ただ、日本で出会いを探すなら、すでにシェアを取っている人気マッチングアプリの方が圧倒的に優れているのでは、と思います。

Facebook Dating(デート)とは?

まずは、Facebook Datingの概要や仕組みについてです。

Facebook Datingは

  • フェイスブックデート

  • フェイスブックデーティング

などと呼ばれています。

英語の「date(デート)」は日本語にもなっていますが、異性と会うことを意味します。

facebookは世界最大のSNSでなおかつ恋愛において重要な、相性を占うためのビッグデータを大量に保有しています。

なので、Facebook Datingのような出会い系・マッチングアプリ的なサービスに進出するのもうなずけます。

そもそも、これまでもFacebookを使って異性と知り合う人は多かったでしょうから、この際だからサービス化してしまえという考えなのかもしれません。

利用できるのはAndroidとiPhoneなどのスマホから

これまで、Facebook Datingは

  • カンボジア

  • タイ

  • フィリピン

  • ベトナム

  • シンガポール

  • ブラジル

  • ペルー

  • チリ

などの国で実験的にリリースされています。

そして、これらの国ではまずはAndroidの利用者向けに公開されています。

おそらくiPhoneにも対応するはずですが、日本でも当初はAndroidだけの対応になるかもしれません。

パソコンについては、海外ではFacebook Dating未対応です。

出会い専用のアプリはない

Facebookの出会い機能「Facebook Dating」はFacebookに会員登録しているユーザーが使えるサービスです。

つまりFacebookのいちコンテンツで、単独でのサービスではありません。

なのでFacebook Datingのアプリ版はありません。

利用する場合はFacebookアプリからとなります。

出会い機能を利用できるのは18歳以上

Facebookは13歳以上が使えるサービスです。

対して、Facebook Datingは18歳以上を対象としたサービスです。

ただ、日本の出会い系アプリやマッチングアプリのように18歳以上の年齢確認をするかどうかは不明です。

もし年齢確認を実施する場合はおそらく

  • 免許証

  • 健康保険証

などの公的書類が使われることになります。

もし年齢確認が行われない場合、未成年による売春やパパ活・ママ活などに悪用される可能性が非常に高いのではないかと思います。

なので、年齢確認が実施されない場合は出会い目的で使わない方が安全です。

遊びではなくて恋活や婚活向け

Facebook Datingは遊び相手や飲み友達を探すための作られたサービスではありません。

真剣な出会い、つまり

  • 恋活

  • 婚活

などをしたい人向けのとなっています。

なので、アプリ上の言動から上記に関連する行為以外が目的だと判断されたら強制退会などの措置を受ける可能性があります。

デート機能を使ってもfacebookの友達にはバレない

Facebook Datingを使っても、自分のFacebookアカウントの友達にはバレないようになっています。

もちろんフィードなどにも自分のFacebook Datingでの活動が表示されることはありませんし、友達ともマッチングしません。

さらに、Facebook Datingでは自分のプロフィールに名前はファーストネーム(名)しか表示されないようになっています。

いちおう色々とプライバシーに関して配慮はしてくれているようです。

Facebook Datingの使い方

Facebook Datingの全体的な概要や仕組みについて説明しましたが、ここからは具体的な使い方を説明します。

ただ、日本でサービスが公開される時は海外版と比較して仕様に変化があるかもしれませんのでご注意ください。

Facebookに登録していることを前提に話をすすめます。

デート専用のプロフィールの作成

Facebook Datingをはじめたら、まずはデート専用のプロフィールの作成です。

プロフィールは

  • 写真

  • 居住地

  • 出身地

  • 趣味

  • 性的な嗜好

  • 参加しているグループ

  • 参加しているイベント

などが設定することができます。

ちなみに、このプロフィールはfacebookのプロフィールとは異なり、Facebook Datingの利用者にしか公開されないようになっています。

おすすめの相手をFacebookがマッチング

Facebook Datingではプロフィールの情報をもとに、アルゴリズムが相性の良い相手をマッチングしてくれます。

そして、もしマッチングしてくれた相手が気になったらメッセージのやりとりにうつります。

このような仕組みなので、プロフィールをしっかり設定することが良い出会いを見つける大事なコツとなります。

ただ、メッセージについては「アンロック」が成立しないと送信できません。

「アンロック」はいいね!と同じ使い方

Facebook Datingでは、おすすめされた相手が気に入ったら

アンロック

をします。

そして、お互いがアンロックしたらマッチングが成立してメッセージが交換できるようになります。

つまり、PairsやOmiaiの「いいね!」と同じような機能です。

マッチングアプリを使ったことがある方にはお馴染みの機能だと思います。

メッセージのやりとりは文字と絵文字だけ

メッセージの交換のさい、送信できるのは

  • 文字

  • 絵文字

のみとなっています。

これは、犯罪やトラブル防止のための予防策だと思います。

日本ではおそらく出会い系としてのfacebookは流行らない

facebook Datingの仕組みや使い方を説明しましたが、マッチングアプリを使ったことがある人には、どれも見覚えがある機能ばかりです。

目新しい機能は全くありません。

Facebookの会員基盤はたしかに魅力的ですが、Facebookを利用していて恋人を探しているような人はすでにFacebook内の広告でお馴染みの

などの有力マッチングアプリを使っているはずです。

このような状況で、わざわざFacebookdatingを使うとは思えません。

日本に住んでいるのなら、サポート体制などが充実しているPairsやOmiaiの方が安心して使えるのは間違いありません。

コメント