友情結婚とは?友情結婚のメリットやパートナーとの出会いを探す方法を解説

婚活

新しい結婚のかたちとして、「友情結婚(ゆうじょうけっこん)」という結婚を望む人が増加しています。友情結婚とは、シンプルに言うと「セックスがない男女の結婚」です。多様性の時代になり、「みんなと同じ結婚」ではなく「私たちだけの結婚」が社会に求められているのかもしれません。この記事ではおおきく

  • 友情結婚とは
  • 友情結婚のメリットとデメリット
  • 友情結婚したいとき出会いはどこで探せる?

この三つに分け、友情結婚に興味関心がある人向けに友情結婚を解説します。

友情結婚はかなり新しい結婚の種類というか、生き方です。新しいので、友情結婚の定義や意味はこれからどんどん変化する可能性があります。このことを踏まえて、読み進めてください。

友情結婚とは?

友情結婚って何?

友情結婚とはどのような結婚なのでしょうか。一言でいえば「セックスがない男女の結婚」と今のところ定義されています。セックスだけの結婚、と聞くと「それは偽装結婚のような違法な結婚ではないの?」と思うかもしれません。しかし、偽装結婚のような犯罪目的の結婚と友情結婚は全く異なります。通常の結婚は「愛情」によって成立するとされていますが、友情結婚は「友情」によって成立する結婚です。性的な関係はありませんが、犯罪を目的として結婚している訳ではないので、法律的に非合法な結婚と捉えられることはありません。友情結婚は普通の結婚と同じで、離婚したら「バツイチ」となります。だからこそ、結婚前に将来のことなどをしっかり話し合わなくてはいけません。

普通の結婚と友情結婚の違いは「愛情」「セックス」の有無

普通の結婚と、友情結婚は法律的には全く同じことです。友情結婚も日本国内の法律によって婚姻関係を認められます。とうぜん、違法は結婚ではありません。普通の結婚と異なるのは、「愛情」と「セックス」の有無です。

友情結婚は法律的には普通の結婚と同じです。法律的な手続きや扱われ方も同様です。普通の結婚と同じく、市役所・区役所に対して婚姻届を提出し、書類に不審な点や不備がなければ結婚は認められます。

友情結婚は偽装結婚のような違法なものではなく、合法的な結婚です。それでも、あたらしい結婚のかたちなので、第三者は友情結婚に対して不審な結婚だと感じるかもしれません。繰り返しますが、友情結婚は犯罪性のない、普通の結婚です。LGBT同士の結婚のように、社会にとって必要であるものならば、少しづつ社会に認められていくはずです。

普通の結婚と友情結婚の違いは「愛情」と「セックス」の有無です。普通の結婚は、問題がなければ愛情とセックスのどちらもあります。友情結婚は愛情とセックス、このどちらもありません。友情結婚はただ「友情」によって成り立つ結婚なのです。

友情結婚するはLGBTやセクシャルマイノリティが多い

友情結婚専門の結婚相談所のカラーズを運営している中村光沙さんへのR25でのインタビューによると、友情結婚をするのは、LGBTやセクシャルマイノリティ(セクマイ)の人が多いそうです。

理由としては、LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー)の中には、一般的な結婚が自分にはできない、もしくは不向きだと感じる人がいるからです。それでも結婚したい場合、友情結婚という選択肢が出てくるようです。

LGBTとおなじく「セクシャルマイノリティ(セクマイ)」に分類される、「アセクシャル」「ノンセクシャル」の人も多いと中村光沙さんはインタビューで語っています。アセクシャルは日本語で「無性愛」、同じくノンセクシャルは「非性愛」となります。これらに該当する方も、結婚には向かないと感じて友情結婚を選ぶことが多いそうです。

友情結婚するときの流れ

友情結婚するときの流れは、通常の結婚と何も変わりません。

  1. 結婚したいと思う相手と出会う
  2. 相手と結婚を約束(婚約)する
  3. 市役所・区役所等に婚姻届を提出して入籍する
  4. 夫婦として共同で生活する

このような流れが一般的です。ただ、カップルによっては入籍する前に婚前契約書を作成してお互いの行動や責任の範囲を規定します。長い目で見てトラブルを避けたい、と考えているなら婚前契約書を交わした方がトラブルを予防できるかもしれません。

普通の離婚と同じで慰謝料などが発生する可能性もある

友情結婚でも、通常の結婚と同じように夫婦が離婚することがあります。基本的には離婚についても通常の結婚と法律的には同じ扱いとなり、別れる理由によっては慰謝料などが請求されることもあります。よって、安易に友情結婚をするのはおすすめはできません。

友情結婚といえども、普通の夫婦と同じで色々うまくいかなくなり、離婚することがあります。普通の夫婦はさまざまなことが理由で「愛情」がなくなって離婚しますが、友情結婚は「友情」がなくなり離婚します。

友情結婚は法律的には普通の結婚と同じ、男女の婚姻・入籍です。だから、もし友情結婚が破綻しても法律的には普通の結婚と同じ扱いとなります。よって離婚したら、いわゆる「バツイチ」となり、法律面だけでなく世間も離婚した人をバツイチと認定します。別れの原因が不倫などであれば、慰謝料等も発生するかもしれません。このことからも、安易に友情結婚すべきではありません。普通の結婚と同じく、「この人と人生を一緒に過ごせるのか」と考え、もし難しいと感じるようなら、結婚ではなく別の手段を選んだ方が良いかもしれません。

友情結婚のメリットとデメリット

友情結婚のメリットとデメリット

友情結婚にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。友情結婚のメリットと、デメリットについて解説します。はじめに整理すると、メリットとしては

  • 信頼できるパートナーとずっと一緒に生活できる
  • 結婚することにより、社会的な信用が高まる
  • (お互いが希望すれば)子供を産み育てることができる

などが考えられます。デメリットとしては

  • 家族や友達にどこまでカミングアウトするか悩む
  • セックスが問題になることがある
  • 結婚したときや別れたときに法律的な手続きが発生する

などが考えられます。

友情結婚のメリット

友情結婚のメリットは

  • 信頼できるパートナーとずっと一緒に生活できる
  • 結婚することにより、社会的な信用が高まる
  • (お互いが希望して条件があえば)子供を産み育てることができる

などがあります。

友情結婚をすると、法律的にも相手がパートナーとして認められます。性格的に信頼できるパートナーと一緒に過ごすことができれば精神的に安定し、孤独を感じずに生活を送ることができます。

友情結婚は社会からは普通の結婚と見なされます。だから友情結婚をすると家庭がある一人前の人と社会から認定され、信用力が高くなることが多いです。信用力が高くなると様々なメリットが発生します。具体的な例をあげると

  • クレジットカード・住宅ローン・融資の審査
  • 賃貸物件の入居審査

などの審査において、すんなり通過する確率が高くなります。これだけでなく、友達をふくめた社会全体からの見られ方も良くなる可能性があります。

友情結婚でも、お互いが希望して条件が合えば、子供を産み育てることができます。子供が生まれた元気に育ち、夫婦が子供を仲良く育てていれば、第三者からはどこにでもいる普通の幸せな家庭のようにしか見えないはずです。

友情結婚のデメリット

友情結婚にはメリットだけでなくデメリットもあります。デメリットを整理すると

  • 家族や友達にどこまでカミングアウトするか悩む
  • セックスが問題になることがある

となります。友情結婚といっても、もし離婚したら収入が高い方が低い方のパートナーに対して財産分与や慰謝料の問題で不利になることがあります。ただ、これは友情結婚だけではなく普通の結婚でも起きることですので、ここでは省きます。

友情結婚は、法律的には普通の結婚です。しかし、愛情ではなく友情によって成立します。普通の結婚とは違うので、年配の方や友達からの理解が得られないかもしれません。友情結婚を夫婦だけの秘密にするという方法もあります。この方法だと、みんなから結婚を祝福され、みんなに喜んでもらえます。けれど、当事者たちは自分たちだけで秘密を抱えます。いつ、誰にカミングアウトすれば良いのか悩み、ストレスを感じることもあるでしょう。カミングアウトしたとしても、周囲から強く反対されることもあるので、悩みを完全に解消することは難しいです。

友情結婚では、夫婦は性的な関係をもちません。つまり、セックスはしません。当初はそれでうまくいっても、次第に上手くいかなくなることがあります。そんなとき、お互いのセックスの問題と向き合うことになります。セックスはとても難しい問題なので、お互いが素直に話せる間柄でないと会話はできません。セックスについては、結婚前にじっくり相談することが重要です。

友情結婚したいとき出会いはどこで探せる?

パートナーと出会う方法

友情結婚に興味をもったり、友情結婚をしたいと思ったとき、そのパートナーが自然に見つかることはそれほど多くないです。やはり友情結婚を前提とした出会いでないと、上手く話がすすみにくいです。もし友情結婚のパートナーとの出会いを探すなら、

  • 友情結婚専門の結婚相談所で探す
  • 友情結婚専用の募集掲示板で探す
  • マッチングアプリで探す

などの方法があります。しかし、おすすめできる方法は友情結婚専門の結婚相談所を利用することのみです。

友情結婚専門の結婚相談所

友情専門の結婚相談所を使えば、アドバイザーからアドバイスを受けながら、パートナーを探せます。有名な友情結婚専門の結婚相談所には「カラーズ」があります。

数は少ないですが、日本には友情結婚専門の結婚相談所があります。友情結婚専門の結婚相談所を利用すれば、経験豊かなアドバイザーから様々なアドバイスを受けながら、パートナーを探せます。友情結婚を希望する人がいても、おそらく周囲に友情結婚をした人はいないか、少ないはずです。このような状況なので、友情結婚したカップルのその後などの事例に詳しい専門のアドバイザーからアドバイスをもらえると、不安が解消するのでオススメです。

東京の南青山にある「カラーズ」は日本では珍しい、友情結婚専門の結婚相談所です。入会の相談も可能なので、興味があるかたは公式サイトの「入会相談ご予約」から問い合わせてください。

友情結婚専用の募集掲示板で探す

友情結婚専用の掲示板サイトがあります。掲示板への投稿は盛んですが、投稿に対しての真剣さなどは会ってみないとわかりません。会ってみないと投稿の真偽もわかりにくいので、おすすめはできません。

Googleなどで友情結婚の掲示板を検索すると、友情結婚専用の掲示板がすぐに見つかります。なかをのぞけば、たくさんの人が投稿していることがわかります。

友情結婚結婚専用の掲示板は確かに便利です。しかし、掲示板の投稿からは

  • 投稿した人の年齢
  • 投稿した人の性別
  • 投稿した人の本気度

などはわかりません。極端なことをいえば、すべて嘘の投稿かもしれないのです。誰かがサクラなどを雇い、自作自演的に投稿させている可能性だってあります。

掲示板に投稿されている内容が真実かどうか、真剣なのかどうかは、投稿者と会ってみないとわかりません。これでは、相手探しとしては非効率的です。それに、友情結婚のパートナーは結婚する相手です。一生を一緒に過ごすかもしれない結婚相手を、誰でもつかえる匿名の掲示板で探すのは、あまりオススメできません。

マッチングアプリで探す

マッチングアプリにはたくさんの種類があり、友情結婚のような特殊なケースでも利用できるアプリもあります。しかし、友情結婚を利用する人をマッチングアプリで見つけるのは簡単ではありません。

若者の間でマッチングアプリは大人気です。マッチングアプリなら、いつでもどこからでも、スマホがあれば異性を簡単に探すことができます。しかも、18歳以上しか利用できず、登録者はみんな身分証を提示しているので安全性も高いです。

人気のあるマッチングアプリなら、数百万人の累計会員がいます。これだけの会員数がいれば、なかには友情結婚を希望する人も混ざっているはずです。自分の条件と一致する会員を探せる検索機能等があるので、運が良ければ友情結婚を希望する相手が見つかるでしょう。

マッチングアプリは基本的に「男女の普通の出会い」をサポートするアプリです。恋愛結婚のような普通の結婚以外を希望して、登録する男女はいまのところ少数派です。東京や大阪などなら友情結婚を希望する異性が見つかるかもしれませんが、日本全国どこからでも見つかるというわけではありません。それに、もし見つかったとしても、その人と「マッチング」つまり、お互いに好印象を持つかは別です。

全体的にみて判断すると、効率は良いとは言えません。それでも掲示板で相手を探すよりは安全です。もし掲示板で募集しようと考えているなら、マッチングアプリで探すことをオススメします。

友情結婚は結婚だから相手探しは慎重に

繰り返しになりますが、友情結婚は法律や社会的には普通の結婚と同じです。だから、相手探しを慎重に行わないとさまざまな問題が発生する恐れがあります。軽い気持ちで友情結婚を選び、相手を探すのではなく、普通の結婚と同じように悩み、慎重に相手を探すことをおすすめします。もし悩んだら、ネットで悩み相談等をするのではなく、「カラーズ」のような経験豊かな専門のアドバイザーがいる場所で相談してください。

コメント