新型コロナウイルスに感染していない人と婚活したり出会う方法はあるのか?

アプリを使う男性 マッチングアプリ

新型コロナウイルスは社会をおおきく変えました。
婚活などをふくめた男女の出会いにも悪影響がでており、若者の出会いの機会はかなり減っているはずです。
おそらく、婚活をふくめたこれからの男女に出会いでテーマになるのは
「どうやったら安全に出会えるか?」
でしょう。
つまり
「新型コロナウイルスに感染していない人とどうやって出会うか?」
です。

マッチングアプリや婚活パーティーを運営する会社は

  • ビデオデート(オンライン通話のようなもの)
  • オンラインお見合い
  • オンライン婚活パーティー

などの、オンラインで出会えるサービスを新型コロナ対策として実施しています。
たしかにオンライン上でお相手と知りあい、そこからオンラインだけで仲を深めることは可能です。
これなら新型コロナには感染しません。
けれど、会ったことがないまま交際を開始するのはみなさん抵抗があるはずです。
どんな環境でもやはり「実際に会う」ということは大事です。
とくに将来結婚する相手を探す、婚活中の人にとって「会う」ことは重要です。

新型コロナが完全に収束するのはまだまだ先だと言われています1)日経バイオテク:新型コロナの収束シナリオとその後の世界(3)収束まで「3年から5年」が現実か
収束するのは数年後かもしれませんし、もしかしたら完全には収束しないかもしれません。
このような状況で恋活や婚活をしたい人は、どのような方法を使えば安全に出会えるのでしょうか?
この記事では、比較的安全に出会えるのではないか?という方法をいくつか紹介します。

残念ですが、これから紹介する方法はまだ実用化されていません。
それでも(新型コロナに感染していない人と出会いたい)ニーズは強いです。
この記事で紹介するような方法が、新しい時代の婚活の当たり前になるかもしれません。

新型コロナ接触者追跡アプリの結果を会う前に見せ合う

厚生労働省のHPによると、一般的には新型コロナウイルスは人から人へと感染します2)厚生労働省:新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)
この特徴を利用し
「新型コロナ接触者追跡アプリ」
というアプリの開発が国内外で進んでいます。

「新型コロナ接触者追跡アプリ」とは、利用者が新型コロナウイルスに感染した人(陽性と診断された人)と濃厚接触3)国立感染症研究所:新型コロナウイルス感染症患者に対する積極的疫学調査実施要領(2020年4月20日暫定版)したら、それをスマホに通知してくれるアプリのことです。
※濃厚接触の定義が変われば定義にしたがってアプリによる「濃厚接触の判断基準」も変わります
濃厚接触したかどうかを判断するのには、スマホの

  • Bluetooth
  • GPS

などを利用します。

新型コロナ接触者追跡アプリの仕組み

マッチングアプリやオンラインの婚活パーティーなどで男女が知り合ったとします。
オンラインでやりとりするうちに
「会いましょう」
となったとき、新型コロナ接触者追跡アプリの結果を見せ合えば、相手が新型コロナウイルス陽性の人と濃厚接触したかどうかがわかります。
わかるのは新型コロナウイルスにかかっているかどうかではありません。
相手が新型コロナウイルス陽性の人と濃厚接触したかどうか、です。

新型コロナ接触者追跡アプリも完璧ではありません。
スマホを持っていない人が日本にはたくさんいます。
新型コロナ接触者追跡アプリは、おそらくガラケーには対応しません。
スマホを持っていても、新型コロナ接触者追跡アプリをインストールしない人もいます。
もしあなたがスマホを持っていてアプリをインストールしていても「感染しているけど新型コロナ接触者追跡アプリをインストールしていない人」と濃厚接触した場合、通知を受け取ることはできません。
だから新型コロナ接触者追跡アプリは、アプリをインストールしている人が過去に感染者と濃厚接触したかどうかを完璧に判断できるものではありません。

それでも、婚活中の男女がおたがい新型コロナ接触者追跡アプリをインストールし、感染者と濃厚接触したかどうかを見せ合うことにより、安心感を得ることはできます。
完璧な方法ではありませんが、それでも無いよりはマシです。

新型コロナ接触者追跡アプリにはどのようなアプリがあるか(リリースされる予定なのか)を紹介します。

AppleとGoogleが開発中のアプリ

AppleとGoogleは共同で新型コロナ接触者追跡アプリを開発しています4)CNET:https://japan.cnet.com/article/35152225/
AppleとGoogleがタッグを組むということは

  • Apple=iPhone
  • Google=Android

ということですので、スマホユーザーのほぼすべてがアプリを利用できるということでもあります。

2020年5月の段階ではまだアプリは公開されていません。
それでも、スマホのBluetoothを利用し、なおかつ個人を特定できないような仕組みを採用することは発表されています。

新型コロナ接触者追跡アプリのサンプル画像

新型コロナ接触者追跡アプリのサンプル画像

日本の「コード・フォー・ジャパン」のアプリ

日本政府は一般社団法人コード・フォー・ジャパンと共同で新型コロナ接触者追跡アプリを開発中です。
こちらも、AppleとGoogleのアプリと同じくBluetoothを利用し、プライバシーに配慮された仕組みとなります。

2020年5月に実証実験をするという報道がありましたので5)東京新聞:濃厚接触通知アプリ、開発に遅れ IT相「5月に実証実験」、6月以降のリリースが現実的なスケジュール感でしょう。

新型コロナの免疫(抗体)を持っていることを証明できる人と出会う

新型コロナ接触者追跡アプリを使えば、感染者と濃厚接触している可能性が低い相手と出会うことができます。
けれど、あくまでも確率の問題ですので完璧に感染を予防できるものではありません。
つぎに紹介する方法は、新型コロナ接触者追跡アプリとはことなるアプローチです。
利用するのは、新型コロナウイルスにすでに感染した人が保有するとされている「抗体」です
「抗体」を持っている人と会う、という方法ですね。
この方法なら「新型コロナウイルスに感染していない人」と出会うのではなく「出会っても新型コロナウイルスに(自分が)感染しにくい人」と出会えます。

新型コロナウイルスに感染した人は、回復の過程で抗体を体内につくるとされています6)WIRED:新型コロナウイルスは体内に長期潜伏する? 免疫を獲得できない人もいる? 抗体検査から見えた「4つの注目すべきこと」
新型コロナウイルスの抗体については、わかってないことだらけです。
もし抗体が体内にあっても、時間の経過で抗体が失われるかもしれません。
だから、繰り返しになりますがこの方法も100%安全という訳ではありません。
WHOもBBCで

COVID-19から回復して抗体のある人が、2回目の感染から守られているという証拠は現在ない

引用元:WHO、「免疫パスポート」に反対 回復しても再び感染の危険と

と語っています。

それでも、どうしても恋人を作ったり結婚相手を見つけたい人が世界中にたくさんいます。
このような人たちのために「新型コロナウイルスの抗体」を利用した

  • マッチングアプリ
  • 婚活パーティー
  • 結婚相談所

など、さまざまな婚活系サービスがこれから生まれるはずです。

マッチングアプリなどの婚活系サービスが使うのは「免疫」を証明するもの

世界中の新興企業は、新型コロナウイルスの

  • 免疫パスポート
  • 免疫証明書
  • 免疫獲得証明書

などと呼ばれるサービスを計画しています。
新型コロナウイルスの抗体を持っている人にたいして、抗体の保有を証明するサービスですね。

免疫パスートなどを計画している会社は
「新型コロナウイルスの抗体を持っている人がこれまで通りの社会的な活動をできる」
という仮説を前提にしています。
もしこの仮説が正しいのなら、抗体を持っている人は自由に活動ができます。
とうぜん恋活も婚活もできます。

免疫パスポートのようなサービスができたら、マッチングアプリなどもこれに対応するでしょう。
具体的にいうと、アプリ内のプロフィール部分に「新型コロナウイルスの抗体の有無」が追加されるかもしれません。
つまり、この人の抗体を持っているから安全に出会えます、ということですね。

このような仕組みは差別につながりかねません。
抗体に関連した詐欺なども起きるでしょう。
けれど、このような仕組みを欲する人はたくさんいるはずです。
だから新型コロナウイルスの抗体を持っている人だけが参加・入会できる

  • 合コン
  • 婚活パーティー
  • 結婚相談所

などもありえます。
これらのサービスは倫理的にかなり問題がありそうです。
それでも人には生存本能があり
「安全にサービスを利用したい」
と誰しもが思います。
生存本能に訴えかけるようなサービスは、人々の生命がおびやかされている、いまの時代にマッチしそうです。

感染する可能性が0%にはならない

ここまで紹介した

  • 新型コロナ接触者追跡アプリ
  • 免疫パスポート

などのサービスを利用したとしても

  • 自分が新型コロナに感染する確率
  • 相手を新型コロナに感染させてしまう確率

はゼロにはなりません。
それでも、確率を下げることはできるはずです。

ここで紹介した方法以外にも

  • マスクをつける
  • ソーシャルディスタンスをたもつ

などの方法をつかい、お互いに感染しない・させないように出会うのがこれからのスタンダードになるかもしれません。
普段の生活だけでなく男女の出会いも、これまで以上に相手にたいしての配慮(気づかい)が必要になりそうですね。

引用・脚注   [ + ]

コメント