既婚者がセフレを作るのに向かない場所や止めた方がいい場所はどこ?

既婚者のセフレ作りに向かない場所 セフレ

結婚している既婚者はふつう、浮気をしません。
これは社会の表向きの常識ですよね?
だから、芸能人が不倫をしたら異常なくらい叩かれるのです。
しかし、じっさいのところ
既婚者がセフレを作る=不倫する
これは、そこまで珍しいことではありません。

既婚者は家庭があるので、独身ほど自由にセフレを作れません。
セフレを作れる場所も限られるでしょう。
それに、セフレの存在がバレたときは大変なことになります。
最悪、離婚や裁判になります。
慰謝料などが発生することもあります。
だから、既婚者がセフレをつくるとき、

  • できるだけバレにく場所
  • 生活に影響が出にくい場所

などの場所で作るべきです。
この記事では、セフレを作るにあたって

  • 向かない場所
  • 止めた方がいい場所

などを紹介します。

既婚者がセフレを作るのに向かない場所の図解

既婚者がセフレを作るのに向かない&止めたほうが良い場所

既婚者がセフレを作るとき、もっとも注意すべきなのは
「家族にバレること」
です。
他にも、仕事に影響が出ないようにすることも、社会人にとっては重要です。
ここで紹介するセフレ作りの方法は、

  • 家庭
  • 仕事

などに悪影響を与える恐れがあります。
だから、ここで紹介する方法ではセフレを作らない方が良いです。

職場や取引先

仕事をする人にとって、会社などの勤務先は一週間のうちの大半を過ごす場所です。
会社には男性も女性もおり、新入社員などもいます。
取引先の会社も含めると、毎日のように新しい出会いがある人もいるでしょう。
じっさい、会社でセフレを作っている社会人はたくさんいます。

しかし、職場や会社の取引先はセフレ作りには向きません。
職場や取引先の異性とセフレになったら、セフレ関係を解消した時に気まずくなります。
お互いさっぱりと関係を解消できれば良いのですが、そんな風にキレイに解消できるとは限りません。
さらに、もし二人で会っている場所を同僚や取引先に目撃されたらかなりマズいことになります。
会社によっては、同僚との不倫は出世に悪影響を与えるからです。
職場や取引先はセフレを見つける場所には向きません。

同窓会

ある程度の年齢になれば、毎年のように地元の同窓会が開催されます。
同窓会なので、男女比もほぼ1:1になり、昔話で盛り上がることができます。
同窓会で何回も会って親しくなれば、既婚者同士のセフレ関係に発展することもあるはずです。

しかし、同窓会で出会う相手は、共通の知人がたくさんいる相手です。
地元だって同じ地域です。
ということは、もしセフレになればそのことを地元の共通の知人にバラされてしまう可能性があります。
田舎ではこのような話は非常に拡散されやすいので、隠すことは困難です。
まわりまわって自分のパートナーの耳にも届いてしまうかもしれません。
なので、同窓会でセフレを探すのはやめておきましょう。

家のご近所さん

家の近くに住んでいるご近所さんもセフレ探しに向きません。
職場や同窓会もそうですが、共通の知人がいるような相手とセフレになることは、高リスクです。
ご近所さんだと家が近くなので、リスクはとても高くなります。
家族にバレたときの危険度も非常に高いので、自宅の近くでセレフを作ることはおすすめできません。

共通する「場所」や「人」が少ないセフレはバレにくい

ここまで説明したように、セフレがバレやすいのは

  • 場所

などの共通点があるときです。
ということは、共通点や接点がない相手と出会い、セフレになれば良いのです。
もしセフレを作るなら、できるだけ共通点や接点がない人を選びましょう。

コメント