既婚者でも若いセフレを作る方法はある!結婚してもセフレを作れる場所を解説

既婚者のセフレ作り セフレ

セフレが作れるのは若い人たちだけだと思っていませんか?

ましてや、既婚者には到底無理だと思っていませんか?

実際は、既婚者でもセフレは作れますし、セフレのような後腐れのない関係を求めている男女は増えています。

インターネットにより、人々は常に繋がっていると言っても過言ではありません。

なのに、個々のつながりは希薄になっています。

このような矛盾を解決してくれるのが、セフレのような後腐れのない関係です。

もちろん、既婚者にとってセフレを作ることはそれなりに危険です。

まずはセフレを作る際の注意点を確認しましょう。

既婚者がセフレを作る際の注意点

いうまでも無く、既婚者には妻や夫がいます。

よって、パートナーにとって不利益だったり不快な行動をしたら離婚の原因となります。

つまり、既婚者がセフレを作ることには様々な危険がついてまわるのです。

まずは注意点を挙げていきます。

妻や夫にセフレの存在がバレたら大変

もし、既婚者がセフレを作ったとします。

それがパートナーにバレたら大変です。

離婚申出の要因になりかねませんし、慰謝料等を求められるかもしれません。

裁判等でもセフレの存在は自分にとって不利な材料になるでしょうから、バレたら大変なことになります。

バレる原因となるネットや通話の履歴

セフレの存在がバレるとき、バレるきっかけとなることが多いのが、

  • インターネットブラウザの閲覧履歴

  • メールの履歴

  • LINE等のチャット・通話の履歴

などのインターネット関連の履歴です。

もし可能であれば、都度削除した方がよさそうです。

セフレに対して本気にならない

セフレはあくまでもセフレです。

もしセフレにのめり込み、家庭を捨てるようなことをしたらみんなが不幸になります。

なので、セフレに対して本気になってはいけません。

セフレはセフレですので、遊びの関係にとどめておくべきです。

サクラがいるような変な出会い系を使わない

セフレというか、若い人と出会うための最短手段として

  • 出会い系アプリ

  • 出会い系サイト

などをイメージする人は多いと思います。

しかし、すくなくとも日本において、出会い系のほとんどはサクラばかりです。

なので、闇雲に出会い系に登録することはおすすめしません。

もし出会い系を利用するなら、この後に紹介するような、サクラがいない出会い系を利用してください。

既婚者がセフレを作る際の注意点については、ここまでです。

既婚者でもセフレを作る方法その1 出会い系アプリ

ここからは、既婚者でもセフレを作る方法についてです。

まず、既婚者がセフレを作る方法としておすすめなのが

(サクラがいない)出会い系アプリ

です。

日本には数は少ないですが、サクラがいない出会い系アプリというものがあります。

おすすめできるアプリは数個ほどですが、サクラがいない出会い系アプリを使えばセフレ候補と出会うことは可能です。

なぜセフレ作りに出会い系アプリがおすすめなのか?

では、なぜセフレ作りに出会い系アプリがおすすめなのでしょうか。

これには理由があります。

まず大きな理由としては会員数の多さが挙げられます。

アプリによっては数百万人規模の会員がいるので、その中からお相手を探せます。

これだけの会員数があれば、さまざまな目的で利用する人たちがいるのは当然です。

中にはセフレを探すことが目的の人もいるので、セフレが欲しいならセフレ作りを目的に登録している異性を見つけることが最優先となります。

セレフ探しに出会い系アプリを使うメリット

次は、セフレ探しに出会い系アプリを使うメリットについてです。

最大のメリットは

  • 掲示板検索

  • プロフィール検索

などの検索方法により、セフレ募集をしている異性が簡単に見つかることです。

いちいちメッセージを送ったり、会ったりしたときにセフレに興味があるかどうかを聞くよりも、はるかに効率的にセフレに興味がある人を探せます。

次のメリットとしては、

パパ活女子

と呼ばれる利用者が増加していることが挙げられます。

パパ活女子とは、簡単に言えばセフレになる対価としてお金を求めている女性のことです。

このような女性なら、お金さえ払えば簡単にセフレになれます。

後腐れもないので、非常に割り切った関係と言えます。

パパ活女子の場合、お金だけの関係でもあるので、いかに定期的に渡す金額を下げられるかがポイントになります。

出会い系アプリを使うデメリット

次は、出会い系アプリでのセフレ探しのデメリットについてです。

サクラのいない出会い系アプリを使えばそれほどデメリットはありません。

しかし、出会い系アプリの中には風俗業者のような女性がいます。

このような女性が

「セフレが欲しい」

などと掲示板に書き込みをしているときは、確実にお金を請求されます。

さらに、さまざま男性と関係を持っているの性病感染などの確率も高くなります。

性病に感染したら治療が必要ですし、パートナーともしばらくは関係を持てなくなります。

出会い系アプリを使って出会う時は、相手が風俗業者のようなことをしていないかを確認して方が良いかもしれません。

どの出会い系アプリが既婚者のセフレ探しにおすすめ?

出会い系アプリを使ったセフレの探し方について以上となります。

最後に、おすすめの出会い系アプリを紹介します。

サクラがいなくて、セフレ探しにおすすめの出会い系アプリは

などです。

基本的には18歳以上しか使えませんので、セフレ探し以外の目的でも、安心して遊ぶことができるはずです。

既婚者でもセフレを作る方法その2 マッチングアプリ

出会い系アプリと並ぶ、セフレ作りにおすすめのサービスは

マッチングアプリ

です。

マッチングアプリとは、おもに恋愛や結婚相手探しに使われるアプリの総称です。

出会い系とは違って

  • 月額定額制

  • アダルト系のメッセージや投稿は禁止

という制約があります。

しかし、男女が出会える場所であることは間違いありません。

ということは、セフレが作れる場所でもある、ということです。

セフレ作りにマッチングアプリを使うメリット

マッチングアプリをセフレ作りにおすすめする理由は、出会い系アプリをおすすめした理由と似ています。

マッチングアプリをセフレ作りに利用するメリットをまとめると、

  • 会員数が多い

  • パパ活女子がいる

  • 様々な目的で利用している人がいる

このようになります。

マッチングアプリは出会い系と比較すると、すれていない男女が多いです。

この点を、セフレ作りに上手に利用できるかどうかは利用者次第となります。

セフレ作りにマッチングアプリを使うデメリット

マッチングアプリはセフレ作りに利用できます。

しかし、とうぜんデメリットもあります。

最大のデメリットは、他の利用者からの通報です。

説明したように、マッチングアプリは恋愛等を目的に利用されます。

なので、セフレ作りはマッチングアプリ本来の使い方ではありません。

もし出会った相手がセフレになってくれなかったとき、その人は運営に対して

「あの人はセフレ探しを目的に利用しています」

と通報するかもしれません。

その通報内容を裏付けるようなものがあれば、強制退会などの措置を受けるかもしれません。

強制退会になると課金したお金は無駄になりますので、金銭的なデメリットを被ります。

どのマッチングアプリが既婚者のセフレ探しにおすすめ?

最後に、どのマッチングアプリがセフレ作りにおすすめかを整理します。

  • 会員数が多い

  • パパ活女子がいる

  • 様々な目的で利用している人がいる

この3点を満たすマッチングアプリとしてまず浮かぶのは

Pairs

というマッチングアプリです。

ただ、もしPairsを使って、セフレ作りには効率が悪いと感じたら次に紹介する交際クラブやデートクラブの方が良いかもしれません。

既婚者でもセフレを作る方法その3 交際クラブ・デートクラブ

「既婚者でもセフレを作る方法」

の最後は、

  • 交際クラブ

  • デートクラブ

と呼ばれるサービスです。

出会い系アプリやマッチングアプリと比べると馴染みが薄いサービスだと思います。

しかし、その利便性から近年急速に利用者が増えているサービスでもあります。

「交際クラブ」と「デートクラブ」は呼び方が違いますが、中身は同じです。

ややこしいので、ここからは「交際クラブ」で統一して解説します。

交際クラブとは?

交際クラブとは、簡単に言えば

  • 女性と出会いたい男性

  • 男性と出会いたい女性

この両者のデートをセッティング・コーディネートしてくれる、店舗型の有料サービスです。

既存サービスでいうと、結婚相談所と少し似ています。

男性は、入会時とデートのセッティングが成立したときなどに料金を支払う仕組みです。

さらに、交際クラブを利用した場合、男性が女性と初めてデートなどをする際も、

手当(てあて)

と呼ばれるお金が発生することが基本です。

手当の金額は男性に任されています。

このように、利用にあたってそれなりの出費が発生するのが交際クラブです。

ただ、交際クラブが近年大人気なのは、支払う金額に見合う魅力があるからです。

交際クラブを使うメリット

交際クラブの魅力として、会員女性のレベルの高さがあげられます。

容姿端麗な女性が多く、中には芸能人やモデルの卵のような女性もたくさん登録しています。

そして、既婚者にとっても最も有り難いのは、最初から基本的に割り切った関係を続けられる点です。

割り切ってデートしたり、セフレになれるので、後腐れはありません。

もしその関係に飽きたりしたら、同じ交際クラブを使って別の女性を指名することもできます。

交際クラブを使うデメリット

交際クラブは男女のセフレ作りにとても適したサービスです。

しかし、男性からすると

  • 入会金

  • セッティング料金

  • 年会費

などの出費が発生するのはかなりのデメリットです。

基本的にはたくさん女性と出会えば出会うほど出費が増えるので、すでに紹介したマッチングアプリと比較するとお金をコントロールすることが困難です。

もしお財布をパートナーと共有している場合は、交際クラブを利用することは難しいでしょう。

既婚者のセフレ作りには危険な場所

ここまで既婚者のセフレ作りに向いている方法を3つ挙げてきました。

ここからは、逆に既婚者のセフレ探しに向いていない、危ない方法を挙げます。

ここで紹介する方法は危険性がとても高いので、リスクを避けるためには実践しない方が賢明です。

危険な場所その1. 職場や取引先

勤務先は一週間の大半を過ごす場所です。

会社には男性も女性もたくさんおり、新入社員などもいます。

取引先なども含めると、毎日のように新しい出会いがある人もいるでしょう。

職場や会社の取引先の異性と出会うチャンスは多いでしょうが、セレフ作りには向きません。

職場や取引先の異性とセフレになったとしても、関係を解消した時のリスクが残ります。

お互いさっぱりと関係を解消できれば良いのですが、そんな風に解消できるとは限りません。

さらに、もし二人であっている場所を同僚や取引先に目撃されたらかなりマズいことになります。

よって、職場や取引先はセフレを見つける場所としては適切ではありません。

危険な場所その2. 同窓会

ある程度の歳になれば、毎年のように地元の同窓会が開催されます。

同窓会なので、男女比も1:1になり、昔話で盛り上がりながらそこから既婚者同士のセフレ関係に発展することもあると思います。

しかし、同窓会で出会う相手は、共通の知人がたくさんいる相手です。

ということは、もしセフレになればそのことを共通の知人にバラされてしまう可能性があります。

このような話は非常に拡散されやすいので、隠すことは困難です。

まわりまわって自分のパートナーの耳にも届いてしまうかもしれません。

なので、同窓会でセレフを探すのはやめておきましょう。

危険な場所その3. ご近所さん

ご近所さんもセフレ探しに向きません。

職場や同窓会もそうですが、共通の知人がいるような相手とセフレになることは、そなりのリスクです。

ご近所さんだと家が近くなので、リスクはとても高くなります。

バレたときの危険度も非常に高いので、自宅の近くでセレフを作ることはおすすめできません。

既婚者はリスクとメリットを検討してからのセフレ探しがおすすめ

既婚者には配偶者がいます。

なので、すぐにバレるようなセフレを作ると、自分自身だけでなく家庭に被害を与えてしまいます。

なので、

  • リスク

  • メリット

  • デメリット

などを慎重に検討してからセフレを探してください。

そもそも、すでに説明したように、既婚者がセフレを作ることは様々なリスクがあります。

このことを考えずにセフレを作っても、後で後悔するだけだと思います。

コメント