セフレって何?セフレの定義や意味

出会い系アプリやSNSを使うと「セフレ」という言葉をよく見ます。
セフレとはなんでしょう?
この記事では
「セフレとは何か?」
を解説します。

もし
「セフレを作りたい」
と思ってもセフレとは何かを理解していないと、セフレは作れません。
みんな知っているようで実は知らない「セフレとは何か」をしっかり理解しましょう。
この知識は出会い系アプリなどで役立つはずです。

このページではセフレとは何かを、以下の3つに分けて解説していきます。

  • セフレとはどんな関係なのか?
  • 「セフレ」という言葉の意味
  • 何をしたらセフレになるのか?セフレの定義

セフレとは何のこと?どんな関係?

セフレとは何のことでしょうか。
これはとてもシンプルで、人と人が
「セックス」
でつながっている、この関係を
「セフレ(セックスフレンド)」
と呼びます。

セフレの2人をつなげるのは愛情や友情ではなく、あくまでもセックスです。

人がセックスするのは男性と女性、つまり異性間だけとは限りません。
男性と男性でもセックスします。
女性同士でもセックスします。
だから、同性間でもセフレは成立します。

セフレの関係性の図解

「セフレ」の意味

セフレとは「人と人がセックスでつながる関係」だと解説しました。
セフレがどんな関係なのか?これがわかったので次は
「セフレの意味」
つまり言葉としてのセフレの意味を解説します。

セフレは「セックスフレンド」の略

セフレとは英語の
「セックスフレンド(sex friend)」
を短くした言葉です。
略称ですね。

「セックスフレンド」
という言葉は単語として長く「セックス」という単語があるので、言葉に出しにくいです。
これが、「セフレ」に略したことによってかなり言いやすくなっています。
学校や職場でも「セックスフレンド」はいえなくても、「セフレ」なら言葉にしやすいはずです。

略したことの効果は、言いやすくなるだけではありません。
ほんらい、セックスフレンドのような関係は、日本人の貞操観念に反しています(たぶん世界中の貞操観念に反しています)。
それが「セフレ」という言葉に略したことによって、急にポップ感やカジュアル感が出てきます。
怖い人に可愛いあだ名をつけると、急に親しみやすくなりませんか?
これと同じことです。
つまり、心理的に受け入れやすくなるのです。
だから、日本人にも「セフレ」がある程度普及したのでしょう。

セフレの意味からは外れますが、ここでクイズです。
女性誌のCanCam(キャンキャン)が、女性読者にたいしてアンケートをとりました。
アンケートで
「セフレがいる or もしくはセフレが(昔は)いた」
と答えた人の割合はどれくらいでしょうか?
3択の中から正解を選んでください。

  1. 40%
  2. 10%
  3. 25%

正解は1の「40%」です。
日本の女性は意外とセフレをつくっているのです。

ちなみに、セフレをつくる場所としてはピーシーマックスのような、いわゆる「出会い系アプリ」と呼ばれるサービスが多いです。

英語では「Sex Friend」という言葉は使わない

セフレの言葉の意味について補足します。
セックスフレンド(Sex Friend)は英語ですよね。
けれど、アメリカなどの英語圏では「sex friend」という言葉は使われません。
「セフレ」は和製英語なのですね。
日本でいう「セフレ」と似たような意味で使われるのは、
「Friends with benefits(フレンズ・ウィズ・ベネフィッツ)」
という言葉です。
「benefits」
には、

  • 利点
  • 利益があること

などの意味があるので、「Friends with benefits」は
「利害が一致した友人」
というような意味もあります。
たしかに、セフレは「利害(セックスして性欲を解消したいという目的)が一致した友人」なので、同じような意味になります。

もし外国人と出会える出会い系アプリ・マッチングアプリなどを使っていれば、「Friends with benefits」は使う機会があるかもしれません。
具体的には「Tinder」や「マッチドットコム」などのアプリを使うとき、このセリフを覚えておくと、得することが多そうです。

セフレの定義はなに?

ここまででセフレの関係性や、言葉の意味を理解できたと思います。
最後はセフレの定義についてです。

セフレの定義はとても難しいです。
というのも、人によって価値観は違うからです。
とくに、女性はセフレとは何か?をじぶん独自の基準で考えることが多いです。
それでも、セフレを定義する最低限の要件のようなものはあるので、整理しましょう。
基本的には

  • 継続して会って、セックスをする関係
  • 恋愛感情はないし結婚も考えない
  • セックスにお金が発生しない

この3つをすべて満たす関係が「セフレ」となります。

3つ以外にも

  • キスをするかどうか
  • セックスのさいにコンドームなどで避妊をするかどうか
  • 相手の生活に干渉するかどうか
  • LINEを既読スルーするかどうか

などで恋人とセフレの判断をする人がいますが、これらの判断基準には個人差があります。
なので、セフレの定義には入れません。

セフレの定義3つをそれぞれ確認しましょう。

セフレの定義の図解

継続的に会ってセックスをする関係

セフレの定義でもっとも大事なのは、
「セックスするかどうか」
です。
セックスは「セックスフレンド」のネーミングの由来にもなっています。
セックスがないセフレはありえません。

世の中には

  • キスフレ(キスする友達)
  • ソイフレ(添い寝する友達)
  • ハグフレ(ハグする友達)

というセックスは無いけど、恋人のような行動をする友達関係があります。
セックスがない場合は、ソフレやハグフレに近くなると思います。

ただセックスするだけでなく
「継続的に会ってセックスする」
これも大事です。
1回だけしかセックスしなかったら、その人はセフレではありません。

  • 一晩限りの関係
  • 一度だけの秘密
  • 一晩の過ち
  • ワンナイト・ラブ
  • ワンナイト・セックス

など、日本語には別の表現がしっかりあります。

恋愛感情はないし結婚も考えない

セフレの場合、男性も女性もあいてに恋愛感情を持ちません。
片方だけが恋愛感情を持っていれば、それはセフレではなく「片思い」になります。
両方が恋愛感情を持っていたら、セフレから「恋人」に関係性が変わります。

とうぜん、セフレとは結婚もしません。
だから、とくに男性はセフレが妊娠しないよう注意しなくてはいけません。
コンドームやピルなどでしっかり避妊するから、セフレのような関係が成り立つのです。
避妊だけでなく、性病の問題もあるのでセフレとのセックスではコンドームが必須です。

セックスしてもお金が発生しない

セフレとのセックスには、お金が発生しません。
これもとても大事ですね。
男性がセックスした女性にお金を払うことがなく、その逆もありません。

もし男性がセックスのたびにセフレにお金を渡していたら、その関係やセフレではありません。
「援助交際」「パパ活」「パトロン」などになります。
女性が男性にセックスのたびにお金をわたしていたら、「ママ活」などになります。

セフレとは何か?という知識は出会い系アプリなどで使える

このページでは

  • セフレとはどんな関係なのか?
  • 「セフレ」という言葉の意味
  • セフレの定義

などを、ここまで解説しました。
セフレとは何か、セフレがどんなものかはなんとなく理解できたと思います。

セフレとは何かを理解していると、その知識は出会い系アプリなどで活用できます。
とくに

などの、サクラがいない出会い系アプリなどでここで得た知識を使う機会があるはずです。

コメント