セフレになってくれる女性が多いアプリはどれ?おすすめ出会い系アプリランキング

出会い系アプリでセフレを作る 出会い系アプリ

男女が、恋愛ではなく体だけ、つまりセックスだけの関係でつながっていること、この関係性を「セフレ」と呼びます。セフレは言葉としてはメジャーですが、セフレがいる人は意外と少ないです。「セフレが欲しい」と思う人はおおくても、じっさいセフレ作りのための活動をしている人はあまりいません。セフレを作るためには、何をどうすればいいのかわからない、これが理由でしょう。

セフレを作るのにあたって、大事なことは二つです。

  • どんな女性がセフレになってくれやすいか
  • セフレになってくれやすい女性はどこにいるのか

この二つを把握していれば、セフレは格段に作りやすくなります。狙う対象と対象が活動する場所を理解する、これが重要なのです。

結論として、セフレになってくれやすい女性がたくさんいるのは、「出会い系アプリ」と呼ばれるアプリです。ということは、出会い系アプリの利用者の中で、セフレになってくれやすい女性を見つければ効率よくセフレを見つけることができるのです。この記事では、アプリを使ってセフレを作るための総合的な情報と、セフレ作りにおすすめの出会い系アプリをランキング形式で紹介します。

アプリを使って、セフレを作りたい人は参考にしてください。

セフレって何?セフレとはどんな関係なのか?

セフレの実態

セフレとは、ずばり「Sex friend(セックス・フレンド)」の略です。定義すると、男性と女性が(ときには同性同士が)セックスのみでつながっている関係、この関係性をセフレと呼びます。セフレは、言葉としてはかなり普及しています。それでも、

  • セフレの詳しい定義
  • セフレの実態
  • セフレを作るメリット

などはあまり知られていないので、まずはこれらを解説します。

セフレの定義

セフレとは何かを定義すると、本命となる妻(夫)や彼女(彼氏)以外で、互いの性欲を満たすために定期的に会う知人・友達、となります。

日本というか、現代社会において、一夫一婦制(いっぷいっぷせい)が男女関係の基本となります1)反対の言葉は一夫多妻制です。。一夫一婦制が基本となっているせいか、彼氏彼女も基本的には一人しかいないことが望ましいとされています。

セフレは彼氏・彼女や夫・妻ではありません。あくまでもただの知り合い、もしくは友達です。ふたりをつなぐものはお互いの性欲であったり、性的パートナーとしての肉体です。恋愛は男女が感情でつながりますが、セフレは衝動のような性欲のみでつながるので、これが通常の恋愛関係との違いです。

恋愛関係とは異なるので、セフレが一人ではなく複数いてもトラブルにはなりづらいです。性欲を満たすだけの関係という観点からは、性欲を処理する回数が増えるので、複数のセフレを持つことは良いことかもしれません。ただ、接触人数と回数が増えるので、性病予防などは注意する必要があります。

出会い系やマッチングアプリでは性病感染に注意!流行している理由と予防方法を解説
男女がネットを通じて出会うマッチングアプリや出会い系アプリの普及にともなって性病に感染する患者が増加していると言われています。性病には予防方法があり高い確率で予防できる病気ですので正しい知識を身につけて安全に出会いを楽しみましょう。

セフレなんて本当にあり得るの?

WEBメディア「R25」が1,000人におこなった「セフレの有無」についてのアンケートによると2)https://r25.jp/entertainment/00006017/、1,000人中256人が「セフレがいる・過去にいた」と回答しました。実態として、意外とみんなセフレを作っているのです。

「セフレがいる・過去にいた」と回答する人の数が意外と多いのはなぜでしょうか。セフレがいても、友達や知人にセフレがいることを公にすることが難しいからでしょうか。他だと「相手は彼氏を作ったつもりだろうけど、自分は最初からセフレだと認識していた」と考えていた男性がいるから、なんてこともあり得そうです。

なぜ人はセフレを作るのか?セフレを作るメリット

意外とみんなセフレを作っているということは、セフレがいることには何かしらのメリットがある、と考えられます。セフレがいるメリットをざっくりと三つに分けると

  • 自由な関係で好きな時にセックスができる
  • 彼女とはできないようなプレイができる
  • 彼女と比べてお金の出費が少ない

などが考えられます。

自由な関係であれば、いつ誰と遊んでいようとお互い気になりません。セフレなら、お互いが都合や気分が一致したときにLINEなどで連絡をとり、好きなときに会えばいいだけです。もし「もういい」と思ったらセフレ関係を解消することも簡単です。彼氏彼女の間柄で起こりがちな、重い別れになることはありません。

セフレは性欲で繋がっている関係なおかつ自由な関係なので、お互いの性的な趣味嗜好を相手に正直に伝えることができます。もし自分のパートナーと性的嗜好の方向性が異なる場合、セフレとは自分の好きなプレイができるので、性欲を効果的に解消できます。

繰り返しますが、セフレとは体だけでつながっている、ドライな関係です。なので、自宅やホテルに行く前に必ずデートしたり、会うたびにご飯や食事をおごったりする必要はありません。セックスするためにホテルや自宅で会うだけなら、余計な金銭的な出費はかなり減るはずです。女性によっては、ホテル代も割り勘にしてもらえるかもしれません。

どんな女性がセフレになってくれやすいのか?

セフレになってくれやすい女性

セフレになってくれやすい女性には、いくつか特徴があり、整理すると

  • 外交的でなおかつ自由が好きな女性
  • 仕事が忙しかったり出会いが少ない環境にいる女性
  • お酒を飲んだり夜のイベントが好きな女性
  • 失恋して時間が経っていない女性
  • 彼氏や夫がいるけど出会いを求めている女性

となります。これらの特徴に該当する女性に共通するのは、男性との出会いを求めている、という点です。セフレ探しをする前に、セフレを求めている女性にはどんな特徴があるかを事前に把握しておきましょう。

外交的でなおかつ自由が好きな女性

外交的、なおかつ自由が好きな女性は、特定の関係性や形式にあまりこだわらないので、お互いのニーズが一致すればセフレになってくれやすいです。

時代はどんどん変わり、女性も社会に進出して忙しくバリバリ働く時代です。このような時代では古い考え方は悪いものとして捨てられがちです。男女の関係でも同じことです。古い考え方は、新しい時代の自由な女性からは嫌悪されます。令和の時代に「女は男の後を歩け」などといってもバカにされるだけです。

自由な女性が求めるのは平等です。セフレは昔からある「愛人」と関係は似ていますが、愛人とは女性の立ち位置がぜんぜん違います。セフレの場合はどっちが上とかでなく、男女ともに平等です。自由な女性はこのような、平等の関係性を好みます。

平等な関係はセフレ以外にもありますが、形式にしばられず精神的にも自由なセフレという関係は、外交的で自由な気質の女性から好まれやすいのです。

仕事が忙しくて出会いが少ない環境にいる女性

仕事が忙しくて時間がないなど、出会いが少ない環境にいる女性は、自分の時間や将来・キャリアプランを重要視しており、結果としてセフレという関係に落ち着くことがあります。

仕事が忙しい女性は増えています。仕事が忙しいと、平日の夜などに男性とデータすることが難しくなります。忙しさの程度によっては土日も仕事になるので、仕事以外の物事に取り組むことが難しくなります。けれど、人間ですから心や体の隙間を埋めたいと考えます。このように忙しい環境にいる女性は、好きなときに会える都合の良い男性が近くにいたら嬉しい、と考えます。

忙しい女性だけでなく、自分のキャリアプランをしっかり計画している女性も増加しています。キャリアプランを考えた結果、自分には結婚や子育てよりも仕事が大事で、仕事に自分の時間を使いたいと思ったとき、通常の恋人関係ではなくセフレのような少し変わった関係に落ち着くことが増えます。

仕事が忙しかったり、出会いが少ない環境にいる女性と出会う方法や機会は限られます。もし忙しい女性が出会いの場所にいる時、その女性は出会いを求める気持ちが人一倍強いはずです。もし出会う機会があったなら、ゆっくり食事などをしながら話を聞いてあげましょう。これがセフレになるきっかけかもしれません。

お酒を飲んだり夜のイベントが好きな女性

夜のイベントが好きで、そこでお酒をたくさん飲むような女性と出会ったら、セフレになるチャンスです。

夜中のイベントにはお酒がかかせません。お酒が入れば、だいたいの人は他人に対して開放的になり、普段よりも判断力が鈍ります。飲み会を含む夜中の、お酒を飲むようなイベントに参加する女性はお酒を飲める人がほとんどです。お酒を飲むことによって、女性の思考力が鈍くなることもセフレ作りにおいては有利ですが、そもそも夜のイベントに参加する女性は出会いを求めて参加していることもあるのです。

前の彼氏と別れてから時間が経っていない女性

前の彼氏と失恋たり、別れたから時間が経っていない女性も狙い目です。ただし、この場合は自分の意思で出会いの場にいる女性のみが対象です。

失恋してからすぐに出会いを求める女性は、さびしがりやの女性が多く、つねに男性が近くにいる状態でないと落ちつかない性格の可能性が高いです。このような女性と出会ったらチャンスです。

そもそも、どんな場所で出会ったとしても、出会いに対するモチベーションが高い女性が相手だと、仲がすぐに発展しやすいということもあります。失恋をしたのにすぐに出会いの場に現れる、ということは、その女性の出会いに対するモチベーションはとても高いことを証明しています。

このような意欲の高い女性の中で、とくに狙い目なのは失恋の傷を引きずっている女性です。このような女性は失恋がきっかけになって、普通の恋愛関係に対して慎重になっている可能性があります。そんなとき、普通の恋愛だと警戒したり用心しなくてはいけないけど、セフレならまあいいか、という気持ちになりやすいからです。

彼氏や夫がいるけど出会いを求めている女性

彼氏や夫がいるけど、別の男性との出会いを求めている女性。おそらく、このような女性は最もセフレになってくれやすい女性たちです。

彼氏や夫など、決まったパートナーがいるので別の男性を求めているということは、

  • 夫とセックスレス
  • 彼氏と体の相性が悪い
  • ただ単純に性欲が強かったり性に対する探究心が強い

などの理由で欲求不満になっている可能性が高いです。このような女性たちが出会いの場にいるとき、お互いの目的が一致するので、簡単にセフレ関係が成立することがあります。

セフレになってくれる女性とはどこで出会えるのか?

セフレと出会える場所

前章では、どんな女性がセフレになってくれやすいかを解説しました。次は、セフレになってくれやすい女性とは、どこで出会えるか?についてです。男女の出会いの場はたくさんあります。たくさんある出会いの場のなかで、もっともセフレを作るのに都合が良いのは、スマートフォンで利用できる「出会い系アプリ」です。

なぜ、出会い系アプリがセフレ作りに向いているかは、異性と出会える他の方法と比較しながら説明します。もちろん出会い系アプリのみでセフレが作れるというものではなく、他の方法でもセフレをつくることは可能です。ただ、効率を考えると出会い系アプリがおすすめとなります。

ナンパは効率が悪い

昔ながらの出会いの方法として「ナンパ」がありますが、ナンパは効率がとても悪いのでセフレ作りにおすすめはできません。

ナンパはじっさいに路上やナンパスポットに行き、声をかけなくてはなりません。声をかけても話を聞いてくれる確率は数パーセントしかないでしょう。会話が成立する確率自体がとても低いのです。それに、路上でナンパするという行為自体に一定の危険がついてまわります。

出会い系アプリなら、好きなとき、いつでも女性にメッセージ等で声をかけることができます。メッセージに対して返信してくれる確率も、ナンパで会話に応じてくれる女性と比較したらはるかに高いです。「ネットナンパ」という言葉がありますが、自宅からいつでも好きなタイプの女性に声をかけることができるのが出会い系アプリです。

合コンや友達の紹介は難しい

セフレはなかなか友達や家族には話せない関係性です。そのせいもあり、合コンや友達の紹介で知り合った女性と、セフレになるのは難しいでしょう。

合コンや友達の紹介は彼氏や彼女を作る定番の方法です。どちらも友達の友達、さらには友達の友達の友達を紹介してもらい異性と出会う方法です。日本では結婚するカップルが出会ったきっかけとして、友達の紹介がもっとも多いです。

合コンや友達の紹介は定番の方法ですが、セフレ作りには向きません。合コンと友達の紹介で知り合った女性に対し、適当に接すると紹介してくれた友達との関係に悪影響が出るからです。もしお互いが希望して、すんなりセフレになれたらいいのですが、一方的に希望して上手くいかなかったら大変です。

友達の紹介や合コンや、紹介してくれた人や主催者に気をつかう必要があります。そこで知り合った女性とセフレのような関係を望むことは難しいでしょう。例外としては「セフレになってくれそうな人を紹介して」と頼んでいたときで、このような時なら遠慮なくセフレを作ることができます。

TwitterやInstagramなどのSNSは危険すぎる

TwitterやInstagramなどのSNSアプリは危険度がとても高いです。たまたまセフレ作りに成功することもあるでしょうが、危険すぎるのでSNSでのセフレ作りはやめましょう。

Twitter、Instagram、facebookなどは世界的に人気があるSNSアプリです。日本でもたくさんの女性が利用しています。人気があるせいか、18歳以下の未成年の利用者がたくさんいます。未成年相手にネットでナンパしたら親が動いて警察に相談がいくことがあり、とても危険です。やっかいなことに、SNSでは相手が未成年かどうかを確実に把握する方法がありません。リスクを考えるとSNSでのセフレ作りは絶対に避けるべきです。

リスクは未成年だけでなありません。SNSを使ってナンパしたり出会いを探す人がたくさんいるので、このような行為をする男性を美人局などで騙そうとする人たちがたくさんいます。悪い人たちが、美人局だけでなく恐喝など、いわゆる犯罪行為のカモを狙っているので、運が悪ければこのような犯罪の被害者になります。

総合的にみて、誰でも使えてしまうSNSは、セフレ作りには危険すぎます。

マッチングアプリでもセフレ作れる

若者世代に人気のマッチングアプリなら、彼氏彼女だけでなくセフレも作れます。

マッチングアプリは恋活・婚活を目的として利用する人が多い、出会い系アプリの一種です。出会い系アプリの一種ですが、サービス開始当初から

  • facebookアカウントによる認証あり
  • 18歳未満しか使えない
  • サクラがいない

となっており、出会い系サイトや出会い系アプリと比較するとかなりクリーンなイメージで、利用者の層もすこし違います。

人気のあるマッチングアプリには数百万人の会員がいます。これだけの会員数がいれば、なかにはセフレでもいいかな、と思う女性がいたり、むしろ積極的にセフレを募集したいと思っている女性もいます。だから、セフレ作りにマッチングアプリを利用することも可能です。

それでもマッチングアプリは、恋活・婚活目的で利用している人がほとんどです。恋活や婚活している女性をセフレにするのはかなり難しいです。外見がとても良いイケメン男性なら可能性はありますが、普通の外見やスペック(年収等)の男性がマッチングアプリでセフレを作ろうと思っても、まず上手くいかないでしょう。

おすすめは出会い系アプリ

セフレを作るにあたって、おすすめなのは「出会い系アプリ」です。なぜ出会い系アプリがおすすめなのかは、次の章でくわしく解説します。

出会い系アプリがセフレ作りに向く理由

アプリを使う若い女性

セフレを作るなら、出会い系アプリがおすすめです。この章ではなぜ出会い系アプリがセフレ作りに最適かを解説します。

出会い系アプリがセフレ作りに向くのは、大きくわけると

  • アプローチできる女性会員がとても多い
  • 共通の知人がいない相手との出会いが生まれる
  • セフレを作る活動がしやすい

この三つのメリットがあるからです。

前の章ではセフレ作りに向かない出会い方を挙げました。セフレ作りに向かない出会い方の、デメリットを解消してくれるのが、出会い系アプリなのです。

出会い系アプリはセフレのアプローチできる女性が多い

優良出会い系アプリには、サクラがいませんし、異性と出会うことに対して意欲的な女性が登録しています。毎日多くの女性が登録していますので、たくさんの女性へのアプローチが可能になり、結果的にセフレが作りやすくなります。

人気のある優良出会い系アプリには、たくさんの女性が出会いを求めて登録しています。優良アプリに登録している女性のほとんどは普通の女性で、サクラはいません。これは、男女すべての会員に対して身分証を使った18歳以上の年齢確認を行っているからです。このような仕組みがあるからこそ、利用者は安心して出会い系を使えるのです。

出会い系アプリに登録している女性会員の利用目的は様々です。純粋に彼氏が欲しいだけの女性がいれば、セフレを探している女性もいます。なかには浮気や不倫目的で登録している女性もいるので、パラエティに富んだ会員構成になっています。それぞれがどんな目的で登録しているかは、女性会員のプロフィールや自己紹介から確認できます。ここで、セフレ募集が目的だと書いてあれば、話はとても速くなります。

出会い系アプリに登録している女性は、自分の意思でアプリに登録しています。登録するきっかけは

  • アプリの広告を見て
  • ネットにある「サクラなし」「本当に会える」という口コミを見て
  • App Storeやgoogle playから見つけて

などが多いです。おそらく広告を見て登録する女性が最も多いと思いますが、どのきっかけから登録したにせよ、女性は出会いに対してのモチベーションが高い状態で登録しています。なので、男性は女性と出会えやすいのです。

マッチングアプリでは、マッチングが成立しないとメッセージの送信ができません。対して出会い系アプリでは、マッチングしなくてもメッセージの送信ができます。タイミングよくメッセージを送ることが返信をもらえる確率は上がるので、気になる女性がいたらどんどんメッセージを送ってください。そして、LINEを交換してからデートのお誘いをする、というのが定番の流れです。

このように、出会い系アプリではモチベーションが高い女性に対して、男性が積極的にどんどんアタックできるので、結果的にセフレを作りやすいのです。

共通の知人がいない出会いはセフレ作りに向く

出会い系アプリで知り合った場合、共通の知人がいる可能性は非常に低いです。だからこそ、割り切った体だけの関係を構築・維持しやすくなります。セフレのような関係においては、共通の知人がいないことはむしろ好都合なのです。

出会い系アプリのような場所で、友達や知人と出会うことはまずありません。友達の友達と出会うこともかなりの低確率でしょう。つまり、出会い系では縁もゆかりもない他人と出会えるのです。合コンや友達の紹介のように、友達などの「共通の知人」の目などを気にしなくてすみます。

共通の知人や友達がいないと、割り切った関係を切り出したり継続しやすくなります。出会い系アプリで知り合った女性とセフレになったとしても、だれにも迷惑はかかりませんし、非難もされません。条件が合えば、複数のセフレを作っても誰も文句を言いません。もしセフレに飽きたら、関係を解消すれば良いだけです。そして、またセフレが欲しいと思ったら別の新しい女性を探せます。出会い系アプリには18歳以上の女性がたくさんいるので、相手探しには困りません。

ほとんどの人は、性欲解消の手段としてセフレを作ります。セフレは彼女や妻ではなく他人です。性欲でつながる他人だからこそ、もし行いたいプレイ等があれば素直にお願いすることができます。これは特殊な性癖を持っている人にとっては大きなメリットです。

セフレを作る活動がしやすい

出会い系アプリなら、お金をかけないで、好きなときにセフレ作りの活動ができます。これも大きなメリットです。

出会い系アプリは、スマートフォンもしくはパソコンから利用できます。スマホがあれば24時間いつでも利用できるので、

  • 自宅から
  • 通勤の途中
  • 休み時間

など、どこからでも、いつでも好きな時に使うことができます。婚活パーティーや合コンのように、イベントの現場にいく必要はありません。

出会い系アプリの料金設定は良心的です。出会い系アプリはマッチングアプリのように、毎月一定の料金が発生する仕組みではないので、活動したときだけ料金が発生します。料金はメール1通あたり数十円、が基本となります。この料金設定を高いと感じる人もいるでしょうが、今はメッセージの途中でLINEのIDを交換するのが主流です。ひとりあたり10回メッセージを送ったとしても、数百円です。じっくり攻略できるセフレ候補のLINEのIDが数百円で手に入るのは、コスパ的に優れているはずです。

どんな出会い系アプリを使えばセフレを作れるのか?

セフレが作れるアプリのチェックポイント

ここまで解説してきたように、出会い系アプリはセフレ作りに向いています。だからといって、闇雲に出会い系アプリを利用してもセフレ作りは成功しません。セフレを作るにあたって、出会い系アプリの選び方はとても重要なのです。出会い系を選ぶときのチェックポイントは4つあります。具体的には

  • 警察を経由して公安委員会に届出を出し認定されている
  • サクラなしで10年以上運営している
  • アプリ版だけでなくサイト版も運営している
  • 有料の出会い系として運営されている

この4つです。「これだけなの?」と感じるかもしれませんが、この4つをすべてクリアする出会い系はとても少ないです。よって、セフレ作りに使えるアプリもかなり限定されます。

警察を経由して公安委員会に届出を出し認定されている

警察を経由して公安委員会に届出を出し、出会い系として認定されることは、日本で出会い系アプリを使うならまずチェックしたい項目です。認定がないサービスは、未成年がいたりして危険なので、出会い目的で使うべきではありません。

日本には「出会い系サイト規制法」という法律があり、出会い系を運営するなら法律にもとづき、所轄の警察を経由して公安委員会に届出を出し、正式に認定を受ける必要があります。認定を受けていないのに出会い系として運営しているサービスはすべて違法なサイトやアプリです。

認定されているかを確認する方法は簡単です。認定を受けた出会い系には、

  • インターネット異性紹介事業 届出認定済み
  • 公安委員会認定番号:00001111111

このような記載がサービスの下部などに必ずあります。新しく出会い系を使う時、チェックするようにしてください。

認定を受けている出会い系は、新しく入会した会員すべてにたいして身分証を使った年齢確認をおこなっています。身分証を使った確認があるから、未成年だけでなく危険な人物の利用も減ります。年齢確認があるからこそ、利用者は安全に出会えるのです。

逆に、これらの記載がない出会い系アプリには未成年がいたり、犯罪目的での利用者が多いので、かなり危険です。

サクラなしで10年以上運営している

その出会い系にサクラがいるかどうかは運営会社にしかわかりません。それでも「サクラなし」と発表して、なおかつそれから10年以上運営している出会い系はサクラがおらず、セフレが作りやすい出会い系だと判断できます。

優良とされる出会い系にはサクラがいません。しかし、サクラなしを証明する手段はありません。だから、サービス運営期間などの実績で判断します。

特定の出会い系にサクラの女性会員がいるとします。サクラがいても出会い系には高い需要があり、一時的にはサービスとして賑わうこともあるでしょう。しかしサクラのような、利用者にとって邪魔でしかない存在がいたら、10年以上にわたって出会い系を運営することは困難です。

サクラがいたりしたら、利用者はいつかやりとりしている相手がサクラだと気がつきます。騙された人の中にはとうぜん怒る人たちもいるでしょう。被害者の会などを作って集団訴訟などが行われたら、その出会い系の運営継続は困難となります。他にも、もしサクラがいたらネットに悪い評価の口コミが残り、それをみんなが読みます。こうなったら、利用者はどんどん減り、運営してもだれも入会しなくなります。

10年以上にわたって「サクラなし」の出会い系を大きなトラブルなく運営していたら、その実績は高く評価すべきです。少なくとも、出会い系サイトや出会い系アプリとしては優良なのは間違いありません。もしセフレを作りたいなら、このような長期間の運営実績がある出会い系を選ぶべきです。

アプリ版だけでなくサイト版も運営している

優良出会い系アプリのほとんどが、アプリ版だけでなく同じサービスの出会い系サイト版も運営しています。セフレを探すなら、アプリ版だけでなくサイト版もある出会い系がおすすめです。

出会い系アプリはアプリストアからダウンロードして、自分のスマホにインストールします。アプリストアにあるアプリは安全でクリーンなイメージがあるので、広告を打ちやすいという特徴があります。広告から女性が入会してくれることも多いのですが、デメリットとして、スマートフォンのホーム画面に出会い系アプリのアイコンが入ってしまいます。

出会いが欲しいから出会い系アプリを利用したいけど、スマホにアプリを入れたくない、こんな女性は出会い系アプリではなくスマホのブラウザから使える出会い系サイトを利用します。というのも、優良出会い系アプリなら同様のサービスを出会い系サイトとしても運営しているからです。

アプリ版もある出会い系サイトを利用することによるデメリットは特にありません。アプリとサイトでは、登録している会員は同一です。機能に関してはむしろサイト版の方が豊富です。とくに、アダルト系の機能に関しては、出会い系アプリにはないので3)基本的にはアプリストアから入手できるアプリにはアダルト系の機能はありません。これはアプリストアを運営している会社の方針です。、出会い系サイト版の方が圧倒的に機能が豊富です。アダルト系のコンテンツを求めるなら出会い系サイト版を使うべきです。

ただ、デザインや使いやすさに関してはアプリ版の方が好き、と感じる人が多いようです。じっくり相手を探すときはサイト、メッセージ等をするときはアプリという使い分けがおすすめです。

有料の出会い系として運営されている

無料の出会い系アプリは、ほとんどが出会えないアプリです。もし確実にセフレを作りたいなら、有料の出会い系アプリを使うべきです。

完全無料の出会い系の99%以上は基本的には女性と会えない、サクラばかりの違法なアプリです。無料で運営しているのは、会員登録をしやすいし、会員登録してきた男性に対して架空請求をしたり、他のサイトやアプリへ誘導するためです。簡単にいえば、飛んで火に入る夏の虫的に、入会してきた男性を騙すために運営されているのです。

ふつう、誰でも有料よりも無料のサービスを使いたくなります。出会い系も同じで、初心者は「無料の出会い系ならお金を無駄にしなくて済むからいいかも」と考えます。しかし、出会い系を真面目に運営すると

  • 女性会員を増やすための広告宣伝費用
  • ユーザーに快適に出会い系を利用してもらうためのサーバー費用
  • 新規入会会員の年齢確認や危険な投稿を監視するための人件費

などで、かなりお金がかかります。お金がかかるサービスを無料でユーザーに提供することはほぼ不可能です。

優良とされる出会い系アプリは無料で会員登録できます。しかし、利用するのは有料(男性会員のみ)で運営されています。有料制といっても、マッチングアプリのように月額課金制ではなく、前払いで出会い系の中で利用できるポイントを購入するタイプです。優良出会い系では、メールを女性に1通送信すると、だいたい50円〜80円分ほどのポイントが消費されます。これが相場ですので、メール1通200円以上するような出会い系は、何か裏があると考えてOKです。

セフレ作りにおすすめの出会い系アプリランキング

セフレ作りにおすすめのアプリ

ここからは、じっさいどのアプリがおすすめかをランキング形式で紹介していきます。どれも、ここまで紹介したセフレを作れる出会い系アプリの条件等はすべて満たす出会い系ばかりです。先に順位のみ伝えておくと、順位は下記のようになっています。

  • PCMAX
  • ハッピーメール
  • ワクワクメール

ランキング1位 PCMAX(ピーシーマックス)

PCMAXの基本情報

  • 累計会員数:1,300万人(2019年9月)
  • 運営開始年:2000年
  • メール1通あたりの料金:50円

おすすめランキングの1位は、もはやセフレ作りの定番出会い系とも呼べるPCMAXです。PCMAXは若くて、アダルト目的で登録している女性会員が多く、さらに検索機能が充実しているのでセフレを作るのに向いています。

PCMAXは広告宣伝がとても上手な出会い系アプリです(出会い系サイト版もあります)。若くて出会いを求めている女性がよく見るような場所や雑誌に、たくさんの広告を出しているの毎日多くの女性が登録しています。どれくらいの会員が毎日新しく入会しているかは、登録後「新人プロフィール検索」からすぐ確認できます。

PCMAXにいるのは若い女性だけではありません、出会いを求める主婦や熟女もたくさん登録しています。いまPCMAXを利用している主婦や熟女のなかには、若い頃からPCMAXを使っているヘビーユーザーもいます。これは、2000年から「サクラがいない出会い系」として運営している実績があるからこそでしょう。熟女達は若い頃にPCMAXを使い「PCMAXを使えば若い男性と出会える」と知っているから、男性と出会いたいとき、今も利用しているのです。

PCMAXにはたくさん検索機能があり、出会いたい相手を簡単に探せます。例えばキーワード検索という機能を使い、「セフレ募集」というキーワードで女性会員を検索してみてください。セフレを募集している女性がたくさん見つかるはずです。

PCMAX公式サイトへ

PCMAX会員登録画面

引用・脚注   [ + ]

1. 反対の言葉は一夫多妻制です。
2. https://r25.jp/entertainment/00006017/
3. 基本的にはアプリストアから入手できるアプリにはアダルト系の機能はありません。これはアプリストアを運営している会社の方針です。

コメント