出会い系アプリは何歳から使える?18歳の高校生はどうなる?

スマホで異性と出会えるアプリ
「出会い系アプリ」
をみなさんは使ったことがありますか?

出会い系アプリをつかい恋人を作ることは、いまは普通のことです。
しかし、だれでも出会い系アプリを使えるわけではありません。
車の運転のようなもので、決められた条件を満たさないと使えません。
出会い系アプリを使うための条件は2つあります。
それは、この2つです。

  • 18歳になっている
  • 高校を卒業している

この記事では。
「なぜ高校を卒業した18歳でないと出会い系アプリを使えないのか?」
を解説します。

この記事を読めば

  • 出会い系アプリを使える年齢に関する法律
  • 未成年が出会い系をつかう危険性

などがわかり、より安全に出会い系アプリを使えるようになります。
危険・リスクを避け、安全に出会い系アプリやマッチングアプリを使いたい方はぜひ読んでください。

出会い系アプリを使えるのは「18歳」から

出会い系アプリを使うには、利用者が「18歳」になっている必要があります。
これが1つ目の条件です。

出会い系アプリの本場とも言えるアメリカの人気出会い系アプリ

  • Tinder
  • OkCupid
  • match.com

なども、利用できるのは18歳からです。
なので「出会い系アプリを使えるのは18歳以上」というのは、世界標準でもありそうです。

まずは
「なぜ18歳以上でないと出会い系アプリを使えないのか?」
これを解説します。

「18歳以上」しか使えないのは法律で決まっているから

18歳になっていないと出会い系アプリを使えない理由はシンプルです。
日本の法律が「出会い系を使えるのは18歳以上」と定めているからです。
つまり出会い系アプリは「18禁」のサービスなのです。

2000年頃から日本では出会い系アプリの先輩である「出会い系サイト」が大人気になりました。
当時は今とちがい、18歳未満の中学生や高校生でも携帯(ガラケーですね)があれば出会い系を使えました。
すごい時代ですね。
その結果として、児童たちは次から次へとトラブルに巻き込まれました。
出会い系にいる子供たちを狙ったのは、大人たちです。
大人たちは自分の欲望を解消するために、出会い系をつかい子供たちと出会っていたのです。

若い人は聞いたことがないかもしれませんが、2000年ころは

  • 援助交際(えんじょこうさい)
  • ブルセラ

などの言葉がテレビやニュースでよく流れていました。
援助交際とは、大人が18歳未満の児童にお金をわたしてセックスしたりすることです。
ブルセラとは、女子中高生などが着た使用済みの下着や制服を大人が買い取ることです。
出会い系で大人たちが子供たちにしたことは、おおきな社会問題になりました。

子供たちを大人から守るために、2003年に新しい法律が作られました。
その法律は「出会い系サイト規制法」という名前です。
出会い系サイト規制法は何度か改正しましたが、いまもあります。

出会い系サイト規制法は「出会い系」のルールを定めています。
ルールの中のひとつが、出会い系をつかえる人の年齢です。
出会い系サイト規制法では、出会い系を利用できるのは「18歳から」と決めています。
だから、日本では17歳以下は出会い系を利用できません。
数日後に18歳になる17歳でもダメです。
18歳の誕生日を迎えていないと、出会い系は使えません。

出会い系サイト規制法による変化の図解

「17歳以下」の中高生が出会い系アプリを使うのは危ない

高校生でも年齢をごまかして出会い系アプリを使っている人はいると思います。
17歳以下の中学生・高校生が出会い系アプリを使うのは、法律に違反するだけでなく、とても危ないことです。

日本の法律を守りながらきちんと運営されている

などの出会い系アプリは入会した人にたいして年齢認証をして、18歳以上かどうかを確認します。
年齢の確認には

  • 免許証
  • 保険証
  • 学生証
  • クレジットカード

などの書類が使われます。
年齢の確認が行われるのは、会員登録するときではありません。
いざ異性にメッセージを送るときであったり、異性からメッセージを受け取り、読むときです。
LINEのIDやメールアドレスは、年齢確認が終わってないと交換できないようになっているのです。

たしかに、免許証やクレカをつかえば年齢を確認できます。
けれど、この方法で本当に大丈夫でしょうか?
免許証やクレカでの認証は、年齢を確認する方法として完璧な方法ではありません1)将来的には出会い系アプリやマッチングアプリにも、「eKYC」による本人確認が導入されるかもしれません

免許証などは人から借りたり、かんたんに偽造できます。
借りたり偽造したものを17歳以下の児童がつかい、年齢認証を行えばその児童は18歳以上と認識されます。
そして、出会い系アプリをふつうに使えてしまいます。
偽造などの方法を使い、出会い系アプリに登録する中学生や高校生もいるはずです。

じつは、年齢認証に他人の免許証や偽造した書類を使うことは、犯罪行為です。
「公文書偽造罪」に該当するおそれがあります。
出会い系アプリの年齢認証とはいえ、他人の免許証を使ったり、偽造した免許証を使うことは、日本の法律に反する行為なのでやめましょう。
運がわるければ、逮捕されてしまいます。

そもそも、出会い系アプリのなかに17歳以下の未成年がいると、とても危ないです。
「出会い系サイト規制法」は児童を守るために作られた法律です。
出会い系サイト規制法ができる前は、出会い系で児童たちがとても危険な目に遭っていました。
児童の安全のために作られた法律なのに、これを無視して出会い系を使うことはとても危険です。
サイバー警察に補導されることだってありえるので、利用すべきではありません。

「出会い系サイト規制法」は出会い系アプリにも使える?

いきなりですが、ここでクイズです。
次の文章を読んでみて、おかしな箇所をみつけてください。

「出会い系サイト規制法により、日本では18歳未満の児童は出会い系アプリを使えません。」

おかしい部分は見つかりましたか?

たぶん、みなさん気になるのは「出会い系サイト規制法」の名前でしょう。
「アプリ」ではなく「サイト」となっていますね。
「出会い系サイト規制法」は出会い系アプリにも使えるのでしょうか?

いまのところ「出会い系アプリ規制法」はありません。
しかし、出会い系アプリにも、出会い系サイトと同じような基準を警察等は求めているようです。
違法な出会い系アプリを運営している会社を「出会い系サイト規制法違反」として、逮捕した事例があります2)出会い系サイト規制法に定められている、18歳以上の年齢確認を怠ったという理由です。
だから、「出会い系アプリ」にも「出会い系サイト」と同じような基準が要求されていると考えて良いと思います。
もちろん、18歳未満は出会い系アプリを使えません。

なぜ18歳でも高校生は出会い系を使えないの?

出会い系アプリは「出会い系サイト規制法」により、18歳以上しか使えません。
ここで、疑問が浮かぶはずです。
高校生でも18歳の人はたくさんいます。

  • 高校3年生になったあとに誕生日をむかえた人
  • 高校を留年した人

などは、高校に在学している間に18歳になります。
このような、高校生なのに18歳になっている人は出会い系アプリを使えるのでしょうか?

結論をいうと18歳でも高校生の場合は、出会い系アプリを使えません。
これは法律によるものではなく、運営会社の方針のためです。

運営会社は利用規約で高校生の利用を禁止している

みなさんはアプリをつかうとき、利用規約は読んでますか?
おそらく、アプリの利用規約をきちんとすべて読む人はいないと思います。
利用規約には大事なことが書かれているので、できれば読みましょう。
出会い系アプリでも大事なことが書かれています。
出会い系アプリの利用規約を読むと、ほとんどのアプリが「高校生」の利用を禁止しているのです。

なぜ運営会社は高校生の利用を禁止しているのでしょうか?
理由はいくつかあります。

  • 「高校生=未成年がいる出会い系」と誤解されないため
  • 利用者からの健全なイメージを維持するため
  • 警察や学校とのトラブルや誤解をさけるため

やはり、高校生には「未成年=児童」というイメージがあります。
なので、たとえ18歳以上でも高校生がいたらトラブルや誤解のもとになるのでしょう。
利用規約で禁止されている以上、もし20歳でも高校生なら登録は止めるべきです。

出会い系アプリを使うための条件の図解

年齢の確認がない出会い系があるのはなぜ?

出会い系アプリは「18歳以上」「高校生」は使えません。
なのに、年齢の確認も認証もなく誰でも使えてしまう出会い系があります。
年齢認証がない出会い系があるのは、その出会い系を運営している会社が「日本の法律」を無視しているからです。
運営会社が法律を無視している時点で、その出会い系はかなり危険です。

法律を無視してまで出会い系を運営するのは、人をだますためです。
「サクラ」や「架空請求」などで、登録した人(男性がおおいです)をだますのです。
年齢認証がないからといって、18歳未満の児童が使っても、異性と出会えません。
危険ですので、年齢認証がない出会い系を利用するのは止めましょう。

18歳未満または高校生は高校を卒業してから出会い系を使う

出会い系を使えば、ネットで恋人を探せます。
いつでも、どこからでも使えるのでとても便利です。
しかし

  • 18歳未満
  • 高校生

は出会い系アプリは使えません。
法律によって18禁となっているので、これは守るべきです。

どんなにネットで恋人が作りたくても、18歳または高校生は出会い系を使ってはいけません。
どうしても使いたいなら、18歳になり高校を卒業したその日に登録してください。
18歳で高校を卒業していれば、思う存分出会い系を使えます。
婚活につかうような、「マッチングアプリ」だって使えます。

インターネットはとても便利な道具です。
しかし、インターネットにはたくさんの危険があります。
危険がたくさんあることを理解した上で使わないと、18歳以上でも危ない目に遭ってしまいます。
これを理解したうえで、なるべく慎重に使ってください。

そして出会い系やマッチングアプリをつかうときは、安全性が高いサービスのみを利用しましょう。
おすすめのサービスは

です。
それぞれの分野における代表的なサービスなので、安全性はかなり高いです。
じっさい、これらのサービスでは毎年3月になると18歳になったばかりの男女がたくさん登録しています。

引用・脚注   [ + ]

1.将来的には出会い系アプリやマッチングアプリにも、「eKYC」による本人確認が導入されるかもしれません
2.出会い系サイト規制法に定められている、18歳以上の年齢確認を怠ったという理由です。

コメント